DQ10覚え書き

役に立たない情報だったり、攻略っぽいこと書いてあったり、くだらない日記だったり。
ドラゴンクエストXのことなら何でも書き散らかしてます。

2016年06月

福の神目的でおみくじボックス開けてるとレアボスコインが大量に貯まってきますよね。
レアボス1
福の神は4枚入れができるようになって消化がはかどりますが、レアボスコインはできません。
他と違ってレアボスの目的は、Dropで出る宝箱ですので、4枚入れは今後も難しいかもいれません。

オーブの価格も戻ってきましたが、なかなかレアボスコインの持ち寄りとかは面倒ですし、盛んにもなりません。
レアボス2
ですので、レンドア北のドロシーからレアボスコインを使うことで消化していってます。
レアボスコインを使うと、目的であるオーブの他に
レアボス4
魔法の迷宮の1回めで出る紫の宝箱からはドロシーからは確実に3枚のふくびき券と、それ以外に赤箱でふくびき券3枚の合計6枚が入手できます。
迷宮に行かなかった日とか、6枚ふくびき券をもらえるので不味くはないかな?
レアボス3
一番強いレアボスといっても、バラモスゾンビで、強ボスと比べるとずいぶん弱いですから適当なサポでOK。
どちらかと言えば自分は盗賊で行って、盗めるとオーブが美味しいですね。
必殺や証があればなおいいですが、弱々なサブの盗賊でもそれなりに盗めるものです。
レアボス5
あと2アカの人はサブアカと行くとなお美味しいでしょうね。
レアボスコインをたくさんもってるキャラとそうでないキャラで組み合わせれば、多くのキャラで行けますので日課にもできそうです。
当然、フレやチームなどでつきあってくれる人がいればなおいいんですけど、なかなかレアボスって誘いにくいですからね。


そこそこ金策にもなります

あいかわらずレグナードにはよく行ってます。
3.3にはいって砂の出る確率が減ったように感じてたんですが、計算してみたら自分の砂率はあがってました。
あれれ?

たぶん、きんかいとメダル1個だった分がメダル3個に変わって、メダルばっかし出るような印象になってるせいなんでしょうね。
この日、砂が出て砂の3周めにリーチとなったので、チムメンともう1周行ったところ、
レグ0628
軽く倒しに行ったつもりが、最後死んで終わって、ボロボロのパラを皆で応援して終わる記念写真に!
まぁなんというか僧侶なしは最後にマンタンがないんですよねw
でも、砂が出てくれたからOKなんです!
常闇の砂60
これで常闇の砂の在庫が60個。
常闇の大盾に1つ交換してますのであと2つ交換できます。
ダークキングが出て新しいのと砂が共通で交換できるんじゃないかなと予想して交換せずに貯めてるんですけど、どうなんでしょうか?
まぁダメならダメで今の常闇武器で交換するだけですからいいんですが。

問題なのはレグナライトのほう。
アクセ3種終わるともうこれ使いみちがないんですけど。
名前からしてこれはレグナード専用でダークキングのほうには関係なさそう。
きっと今後これを何らかに使えると信じて残してあるんですが、りっきー、信じてていいよね?
レグナード253匹
ここまでの討伐数は253匹。
砂率は253打数90安打ってことで、AV.355。
打率がいいのは打数が少ないだけって、フクちゃに言われたけど、253打数は一般的に見て規定打席数に達してるよね?


まだまだ楽しめます♪

またまたSHOPに無駄遣いをそそられるアイテムがががががが!
町で見かけてもなんともまぁかわいい。
スターリーワンピ♪
ただちょっと購入を躊躇わせることが1点。
ちょいと覗きこんで見たパンツがなんともまぁ残念このうえなし><

買うのよそうかなとも思いましたが、酒場でスターリーワンピ着てるフレをサポで雇ってその動きを見ていると、やっぱかわいい♪
これは買うしかない!ってことで、SHOPでポチっと。
さっそく、ドレスアップしてみました。
スターリー1
夏っぽくスカイブルーに染めてみました。
最初にも書きましたが、とっても残念なのが、
スターリー3
このおパンツですね。
もう少しなんとかならないものでしょうか?

夏色ってことで夏っぽいところで撮影を!
と思いましたが、家のまわりのレンダーヒルズは十分に夏っぽかった。
スターリー2
お庭でバカンス!
スターリーワンピを使ったドレスアップは、
スターリー4
こんな感じになってます。
実はこれ、
ようせい
先日の妖精のドレスから体部分だけ変えて、カラーリングしなおしただけだったりw
そこそこお花が高かったので、カラーリングに12万Gくらいかかりましたけどね。
片手剣
このドレスアップはマイコーデでなく、以前に買ってそのままだった風虎にかぶせたので、バトマス・武闘家・まもの使い・踊り子のみとなります。


マイコーデ枠がもっとほしい!

↑このページのトップヘ