夢現篇第4話に行ってきました。
第3話の占い師の館でクエ受注の後、アサナギさんに会いに行きます。
アサナギさんはエルフの初期ストーリーで、主人公の元の体の持ち主のライバルにあたる存在です。
第4話のタイトルにもある「いにしえの呪文」は、主人公の元の体の持ち主がそれを復活させるのに失敗して命を落とし、それの復活がネルゲル討伐後に主人公に託されました。
ということで、今回の第4話の主役はエルフです。

エルフはアサナギさんと特別なやりとりがありますが、私はすでに事前に記事「真セレドのアサナギさんにエルフで会ってきた」でお話してますのでいきなり本題に入ってしまいました。
そして、ストーリーが進みますがこのあたりは自分で確認して下さい。
ストーリーの途中は一部エルフですと会話が違うかもしれませんが基本的に他種族と同様と思います。

そして、第2話のプクリポと同様、クエスト完了後エルフだけ別にストーリーがあります。
気になる方は続きから。

クエスト完了後、エルフの元の体の持ち主が登場します。
そして、ネルゲルを倒した時に主人公に託されたいにしえの呪文の復活についての話がなされます。
どうやら、今回登場した呪文の◯◯◯◯以外にも失われた呪文は存在するようですね。
これでいにしえの呪文に関する話は一応終わりのようですが、もしかしたら今後また登場するのかもしれません。
エルフの中の人
最後に、プクリポと同様に夢現のタネがもらえます。
これで、エルフ・プクリポの2種族が夢現のタネを手に入れましたが、まだ3種族残っています。
初期ストーリーの続きが気になりますけど、私は他の3種族については、夢現篇シナリオを進めれるほど進んでいませんので当分見ることができなそう。
(オーガはもう少しなんですが)

banner