昨日は夕方からいろいろと障害。
メインアカウントのキャラを普通にログアウトさせた後、サブアカウントの方も住宅でログアウトさせようとしてコマンド画面出したら固まりました。移動やチャットはできるけど、他は何もできない状態。家の中に閉じ込められたよー><
とりあえず、落ちなければならないので、強制的に落としました。

その後、サーバの再起動などあったようで、メインは普通にログインできましたが、サブはログインできなくなってました。うーん困った。
しかたなくサブはほっておいてメインだけ。
王家に行ったところ、門を入ったところでシステムエラー。
ログインしなおしてみると、輝石が消費されてました。これは落ちて困ることは何もしないほうがよさそうです。
それにしても、王家が導入された頃なら、輝石の消滅は騒ぎたくなることでしたが、今じゃしかたないなぁもうってくらい。特に惜しくもないかな?

さて、何をしましょうか?
途中で落ちて困ることはしたくないですから。
と考えてみたところ、サブのストーリーを進めることに。
ネタバレしますので、続きからどうぞ。

サブ1のプク子は先日、無事に2.4ストーリーまで終了しました。記事 → プク子、大魔王へサポでリベンジに(当然、弱モード)
サブ2のほうは、2.1ストーリーまでで止まってます。記事 → サポで2.1ボス ヘルバトラー攻略

3.0で錬金釜をもらうには、2.4まで終わってる必要はないけど、途中までストーリーを進める必要があるということ。錬金釜は使うと製作までに何時間かかかる仕様のようですから、できるだけ多くのキャラで使えるようにしたいですよね。
錬金釜が絡むところといえば、ストーリーのあのあたりだなぁと。
2.3の大詰めでイッショウのあたりまでいかなくちゃいけなさそう。
ってことで、サブ2のストーリーを少しずつ進めていきました。

2.2ストーリーはひたすらお使いクエが多いです。
始める前に綿密な移動計画を。

勇者姫の石で真グランゼドーラ(334/トーマの行方を受注)

格闘場の石で真アラハギーロ(334/トーマの行方を進行)、走って真ピラミッド(334/トーマの行方を進行)

勇者姫の石で真グランゼドーラ(334/トーマの行方を報告)

馬車で真メルサンディからメルン水車郷(335 / 秘湯の花を受注)

勇者姫の石で真グランゼドーラからグランドタイタス号(339 / 船長より愛を込めてを受注)でレンドア(339 / 船長より愛を込めてを進行)、ルーラストーン作成(釣り老師の石がある人は不要)

自宅の石でグレン住宅へ、グレン西でグールを狩る

ルーラストーンでレンドア(339 / 船長より愛を込めてを進行)

自宅の石でグレン住宅へ、馬車でランガーオ村、走ってラギ雪原(339 / 船長より愛を込めてを進行)
(ランガーオ山地の石があれば不要、ここでバシっ子使ってもOK)

レンドアからグランドタイタス号(339 / 船長より愛を込めてを報告)で偽ココラタの浜辺へ

ブレイブストーンで真ココラタの浜辺(336 / 波間に漂う歌声を受注・335 / 秘湯の花を進行)、ルーラストーン作成

真コニウェアでガニラスとビッグスロースを狩る

走ってモンセロ温泉峡(335 / 秘湯の花を進行)
温泉
一休み、一休み

勇者姫の石で真グランゼドーラ、馬車で真メルサンディからメルン水車郷(335 / 秘湯の花を報告)

ルーラストーンで真ココラタの浜辺(336 / 波間に漂う歌声を報告・337 / 悩める楽器職人を受注)

勇者姫の石で真グランゼドーラ、真グランゼドーラ領でベヒードスを倒す

ルーラストーンで真ココラタの浜辺(337 / 悩める楽器職人を報告)

ルーラストーンでレンドア、バシっ子で滝を臨む集落(338 / いにしえの遺跡探訪を受注)、ルーラストーン作成

ソーラリア峡谷でストーンマンを倒す

ルーラストーンで滝を臨む集落(338 / いにしえの遺跡探訪を報告)

ルーラストーン(借りました)で真ダーマ(なければ真セレドから走ってルーラストーン作成)(340 / ジュアロとゾデラを受注)

勇者姫の石で真グランゼドーラ、馬車で真セレド(340 / ジュアロとゾデラを進行)

ルーラストーンで真ダーマ(340 / ジュアロとゾデラを報告・341 / 踊り子と願いごとを受注)

勇者姫の石で真グランゼドーラ、馬車で真セレド、走って真のローヌ樹林帯(341 / 踊り子と願いごとを進行)

ルーラストーンで真ダーマ(341 / 踊り子と願いごとを進行・342 / 大神官と座長を受注)

ルーラストーンで滝を臨む集落(342 / 大神官と座長を進行)、スターレミングを倒す

ルーラストーンで真ダーマ(342 / 大神官と座長を報告)

ふぅ、ここまでで3時間かかりました。
2.2ストーリーも長いですねぇ、続きはまた後日に。

banner