DQ10覚え書き

役に立たない情報だったり、攻略っぽいこと書いてあったり、くだらない日記だったり。
ドラゴンクエストXのことなら何でも書き散らかしてます。

カテゴリ:攻略・情報 > スキル・じゅもん・とくぎ

3.4で両手剣が強化されました。
これなら、戦士やまもの使いでオノを持つより両手剣のほうがよさそうです。
両手剣1
ということで、オノを捨てて、両手剣を持つことに。
スキル振り替え後、両手剣バトマスでドレアムに行ってきましたけど、十分に強いですね。
まだスキルだけで宝珠はいれてませんけどなかなか爽快な強さ。
両手剣の宝珠はプラズマブレードが導入される時に、これからは両手剣の時代だ!といろいろ取り揃えていたのでそれなりに揃ってます。
ただ、当時はぶんまわしに関してはあきらめてたので、これは持ってないなぁ。
取りに行かなくちゃ。

これに合わせていろいろスキル変更。
ハンマーはランドインパクトが使える100まで落として(主にメタル迷宮と福の神用)、メタキン用にばくれつけんが使える格闘を100まで。
短剣とパラディン・踊り子のスキルを切って、代わりに両手杖と魔法使い・賢者を使えるようにしました。
魔法使い1
ここ半年ほど目一杯使ってきたパラディンはしばらくおやすみです。
かわりに魔法使いを復活させたので、レグナードはこちらで行けるかと。

レベル上げが終わって全職96になったら、またスキルは1から見直すことにします。


両手剣はやっぱ好きかも!

最近、バトルマシンと化していると言われてるゆんです。
せっかくですので、かつて第1回F-1GPのお題になったプスゴンソロに挑戦してみました。
目標は2分切ること。
プスゴンソロ
F-1GPはタイムキーパーのスタッフとの2人でってことでしたが、ここはちょっとソロで挑ませていただきました。
プスゴンミラクルソード
ミラクルソードでつなぎながら、
プスゴンブースト
ミラクルブーストをしてからは怒涛の攻撃、
プスゴン不死鳥
そして不死鳥から一気に畳み掛ける!
って感じでやってましたが、
プスゴンタイム
うーん、2分切れませんね。
数度試しましたが、この前後の成績。
魅了100・幻惑80ですので、大きく崩れることはありませんが、今ひとつです。
ここは素直に先達に聞いてみた。
(一応名前は隠しておこう)
あずにゃん1
ついでに、もう1つ
あずにゃん2
そして再チャレンジ。
プスゴンハイスコア
やったー!
目標達成です。

それにしても、現在のスキルと武器でやっと出せたタイムを3月の時点で叩き出してる優勝者のすごさがあらためてわかるチャレンジでした。
ちなみに、途中の画像は挑戦中でなく、あとから撮ったものです。チャレンジ中はとてもとてもって感じで。


強ボスに篭ってます!

数日かけてのんびり書いていこうと思ってたパラディンシリーズですが、後期アプデも控えて記事が立て込んできそうですので、ちょっと連発させていただきます。

そういえばスキル振り替えてまだ少ししか経ってませんね。
とっても短い期間でスキル再振り替え。
パラディンスキル
とうこんと片手剣を切って、はくあいとヤリを取りました。
比較的出番の少なそうなどうぐ使いを切ろうかとも思いましたが、まだどうぐ使いは活躍させてませんので、もう少しどうぐ使いで遊んでからにしたいなと。
まぁバトはハンマー2刀流と天下無双はできますので、弱いボスや王家くらいでは使えるでしょう。
魔法戦士
片手剣での魔法戦士の出動は1回だけだったかも!

スキルの取得の仕方は以下のとおり。
http://cpro.jp/dq10/skillsimulator/?448SZGBgKIyKEvQG0g1RgvI6YIqhmoEhIEpQhkEfxGOXVmYDUpVAJUFRgrIM_PIgJTqyDE0g7e0MLiCqEiTH4A3Rns7AkAIS9AbxtBkYotwA
武器の振り替えは、扇と棍でしかできなくなってしまいました。
まぁ多分これだけしか振り替えしないと思うからいいかなと。

ヤリは必要なかったかもしれませんが、またあの赤いやつ倒しに行くって話も出てますので、この機会に再びヤリを取ってみました。嫌いな武器じゃありませんからね。

前回戦士を削って今回バトルマスターを削ったことで、前衛火力職がなくなってしまったかもしれません。
でもうちとしては、支援職のほうが好きなんですよね。

この状態で主に強ボス相手にサポで練習。
練習の課題は主に押しながらのコマンド入力です。
基礎的なことから順に1つずつこなしていかないとね。
強ボスでいろいろやってみたけど、練習相手には
バサグランデ
暴君バサグランデ強がいい感じです。
はげおたや闇の稲妻をしっかりと防ぎながら、魔獣の閃光を避けるって感じで基礎的な動きをマスターできるように何度もやってました。


おいおいまたスキルは見直します

↑このページのトップヘ