DQ10覚え書き

役に立たない情報だったり、攻略っぽいこと書いてあったり、くだらない日記だったり。
ドラゴンクエストXのことなら何でも書き散らかしてます。

タグ:コロシアム

2016年になってから提案広場へ運営が回答することがすごく少なくなってました。3月までわずか6件という少なさ。どうしちゃったの?って感じ。
それがこのところ、すごい勢いでりっきーが回答し始めました。
何のきっかけかわかりませんが、運営の生の声を聞かせてくれるのは歓迎です。

どんな回答がきてるのかな?
最近の回答の7件を見てみましょう。
提案1
キャッツコインの同時投入これは来て欲しいですね。
ねこひげも完成させたいのですが何周もまわるのはちょっと面倒ですし。
でも、提案者さん、キャッツコインだけじゃないですよ。
サボテンダーやボーンズなども同時投入できなかったはず!
提案2
なかまモンスターとのあいのりか。
すっかり忘れてましたw
来てくれるとちょっとうれしいかな?
DQXTVでりっきーがポロっと漏らしたことはなかなか実現されませんね。
リベリオダンスはどうなったの?
提案3
コロシアムの参加レベル制限ですか。
普段参加してないコンテンツなので気にしてませんでした。
提案の主旨はもっともですが、イベントだからとLv90になってもチャンスとらずに来る人はたくさんいると思うのであまり意味ないかもなぁって気がします。
提案4
Twitterでこれが話題になってたので提案広場見に行って他の提案も見つけたわけですが。
これは賛否いろいろあるでしょうね。
ただこれ実現すると、フワフワわたアメの立場がなくなるのでは?
このためにVジャンプの仮面改を入手しようとお金出して本買った人はどうすればいいんでしょうか。
提案5
これはごもっともです。
アンクの現物が出ることって滅多にありませんね。
ピラミッドのお手伝いに行った時にもらえる小さな黄金の秘宝?の報酬も見なおしてもらえないかなって思ってます。
提案6
少しずつでも増やさないと、せっかく盛り上げた釣りのコンテンツがまた死んでしまいますからね。
お魚の種類が増えたら、チムクエのお題の時に釣ってこようと思ってます。
提案7
これはケースバイケースかな?
報酬で釣るってのもありですし、運営の判断にまかせます。


うちの提案に回答されたことないなぁ

第5回バトルグランプリ個人戦が7/3(金)から始まります。
公式 → 第5回 バトルグランプリ・個人戦
867_001
今回は150スキルが初めて使えるバトルグランプリになるのかな?
(宝珠の効果はコロシアムでは関係ありませんので注意)
ガチな人は準備万端なことでしょう。

ガチじゃない人も関係ないよって思わないで、ちょっと賞品のほうを見てみましょう。
バトルグランプリ報酬
Dランク報酬に宝珠の香水があります。これは欲しいぞ!
Dランクくらいまでなら少し勝てばすぐに上がれますし、負けてもポイントになります。
このあたりまでなら、ちょっとだけがんばってもらってみてもいいかなって思いません?

たぶん、初日は下位のほうでもガチな人とマッチングしてひどい目にあわされそうですから、2・3日目くらいからがんばってみようかなって思ってます。
どの職でいきましょうか?
前回は僧侶で行って拳闘士の盾がもらえるBランクまでがんばれたので今回もそうしようかな?
それとも短剣150まで振った旅芸人とかのほうが使いやすいのかな?
さすがにBランクまで上がるのはしんどかったので今回の最低目標は宝珠の香水がもらえるDランク。
ちょっと頑張る気になったらちいさなメダル25枚がもらえるCランクを目標にしましょう。

banner

コロシアム嫌いなわけじゃないんだけどね。

ティファさん主催のコロシアム初心者練習会に参加しました。

前にも書きましたが、コロシアムが苦手です。
4vs4での対戦ということで中の人の判断力がついていけずにパニックになるせいです。
PvPというコンテンツ自体が嫌いってわけではないので、いつまでも苦手だとか言ってても損してる気がしますし、ここらで少しでもって思いまして。

4人PT組んで1戦毎に話し合いの時間もありますので、味方の行動はある程度予測できます。僧侶で参加したんですが(今回の公式大会で僧侶だけがまだマシな動きできるとわかりましたので)、固定PTならパニックになることがまだ少ないかな?

でも、ホイミすべきかザオの準備にはいるべきかなど間違えまくりで、敵の行動をもう少し見れないとちゃんとした動きができないなぁと。
このあたりは慣れってのも大きいのかな?
何にしろもっと場数を踏まないと上達しませんね。
コロシアム練習会
最後に集合写真。
終了後も居残り練習って話もありましたが、お疲れモードでしたので、早々に引き上げました。
こういう機会があればまた参加してみたいな。
主催のティファさん、およびお手伝いで来てくださった人たち、そして参加者の皆さん、ありがとうございました。

banner

↑このページのトップヘ