今回のチート騒動のことについては、ブログで触れてません。
実は書こうと思って少し考えてたんですよ。
でも、うちが真剣に感想とか書くと、ちょっと過激になりすぎて闇そのものになりそうな気がしますので、まぁ自重です。

このチート騒動の影響でグレン宿屋前のダイス屋が減ったそうです。
チートでサイコロの目を操ることができるのでは?という疑惑からなんでしょうか?
まぁできても不思議はないですが、ダイス屋の中にそういうことしてるのはいないと思いますよ、何の根拠もありませんけどね。
まぁ、このまま廃れていってくれれば幸いだと思ってます。

どうなってるのか見に行ってみたら、
ダイス屋ナス2
ナスたちに占拠されてました。
なんだかよくわからない・・・
(本当はいろいろなダイスの呼び声が飛び交う状況を撮影しようと思ったんですが)

まぁRMTのゴールドの受け渡しに利用されてるとか、ダイスで稼いだゴールドをRMTにまわしてるとかいう噂も聞きますし、この際ついでに運営の手がはいってほしいものです。

DQ10では冒険そのものよりいろいろなことを楽しんでいる人たちがいます。
・強さを突き詰める→理解できる
・称号やアイテムのコンプを目指す→理解できる
・コロシアムで戦う→自分は好きでありませんが、理解できる
・お金儲けに邁進する→理解できる
・イベントを楽しむ→理解できる
・ドレスアップやハウジングを楽しむ→理解できる
・フレと楽しくチャットですごす→理解できる
・ジュレットで出会いを求める→まぁ、なんとか理解できることにしておく
ダイス
でも、グレンでダイスしてる人たちって何を目的でダイスしてるんでしょう?
金策ってことならまぁ理解できなくもないです。ルールを聞くと確かに親が有利にできているようですから、親で稼いで金策して他の何かに使っているのでしょうか?
それならば理解できます。
でも、聞くところによると彼らは地道にキラキラや強ボスでお金をためて、グレンでダイスしてまた一文無しになってという感じだというじゃないですか。

ダイスすること自体が楽しいんでしょうか?
確かにギャンブルというのは麻薬のようなもので一度はまると抜け出せないものがあるでしょう。
でも、DQ10でそれをする必要があるの?
世間にはもっといろいろなギャンブルがよりどりみどりだと思うんですよ。
ギャンブルしたいんなら、DQ10してないでそういうところで好き勝手にやってればいいのに。
ダイス屋ナス1
では何故彼らはDQ10でギャンブルを楽しんでいるのでしょうか?
当然のことながら、実際にお金を賭けたギャンブルは公営または認可を受けたもの以外は違法です。もちろん、お子様は禁止です。
実際にお金を賭けてないものでも、18歳未満お断りなものが多いのかな?(ごめんなさい、このあたりの事情には詳しくないです)
少なくともお子様が気軽にできるようなものではないのかと。
でも、DQ10はCERO-Aってことでお子様も気軽に遊べることになっているゲームです。
そのため、いろいろスカートの中の表現が厳しい!ってのは別の話ですが。
お子様が気軽に楽しめるDQ10だから、ここでなら気軽にギャンブルができるということになっているのかな?
(まさか、いい大人がグレンでダイスに熱中してるとかないですよね?)
それならば大いなる矛盾と言えるのではないでしょうか。
ダイス2
CERO-Aの基準には性的表現や暴力的表現の規制以外に、反社会的表現の規制があり、「非合法なギャンブル」というのがその中にもあります。
運営が用意したものでないから、半社会的な行動は問題ないの?
少なくとも、CERO-Aを謳ったゲームでダイスの公認は運営の問題だと思います。

きっとこんなことは、うちがDQ10始める前から言われてた問題の蒸し返しにすぎないんでしょうね。

と、こんな記事を急に書こうと思いついたのは、あちゃのさん主催の
7026e01b
なんかやたらとタイトルの長いダイス大会に行ってきたんですよ。
あちゃのさんのブログ → DQX~ちゃももんブログ~
いったいこの長いタイトルは、
ダイス大会名称
誰がつけたんでしょうね、もう。

それでですね、なんか
ダイス大会
やたらと高額の賞品いただいちゃったんですよー。
普通にイベントレポってのもつまらないなと思ってたら、ダイスつながりでこんな記事になっちゃいました。
まぁイベントレポはあちゃのさんにおまかせします。


運営の善処を期待します