DQ10覚え書き

役に立たない情報だったり、攻略っぽいこと書いてあったり、くだらない日記だったり。
ドラゴンクエストXのことなら何でも書き散らかしてます。

タグ:ビッグドリーム

サブのスタンプカードを進めてました。
レンダーシアⅢでのラスカの頼みで、アンルシアの写真を撮りに来たけど、いないよ?
王家の迷宮に行けば会えるよねと、
アンルシアと
パチリと撮影。
ちゃんとだいじなものに収まってくれました。
せっかく王家に来たんだから1周していこうとはいったら、
輝き帝王
輝き帝王がいました!
適当な職で来たので次の周で使おうと、まず1周。
今回使わなくてよかった。
もうツールでしかここに来ないと思って姫にあげたはやぶさ改を取り上げていましたよw
一度出て姫にはやぶさ改をあげなおして、
ビッグドリーム
自分もハンバトになってビッグドリームへ。
たっぷり竜箱と金箱いだきました♪

でも、いきなり輝き帝王がいたのは偶然でしょうか?
極限の情報によると、輝き帝王は輝石を75個消費すると出現するようです。
もしかしたら、ツールで消費した分もカウントされてるのかもしれない!
これは美味しい!

そう思って確認のためにメインのゆんにチェンジ!
輝き帝王いない
輝き帝王いないじゃん・・・
仮説は一瞬で砕けた。
(メインのツールでの輝石消費を数えてませんでしたが、75個以上消費してると思います)


期待したんだけど・・・

2週間ぶりの王家の迷宮です。
王家は毎回1Fから13Fまで一気にやっているので2・3週に1回くるだけにしてるんです。
今回は冥府は1回もありませんでしたが、輝き帝王に1回遭遇。道中はゆめみの化身はいたもののボーナスミミックいなくてちょっと残念でした。
ビッグドリーム3
さーて、ビッグドリームにも、もう慣れた感じですね。
序盤はアンルシアに攻撃はまかせて、MPブレイクに専念。
ビッグドリームにできることを減らすことで、なかまをよぶ機会を増やそうと思ってるんですが、効果があるのかどうかは不明です。
ビッドリームが赤色になるまで削ったら、アンルシアもホイミンもわたしにまかせてに命令変更。
ビッグドリーム4
ビッグドリームがなかまをよぶのを待つのですが、壁にならないようにしたほうがいいかもしれません。
壁してる間、ビッグドリームの行動ターンが来るのが遅れますので、なかまをよぶ機会を減らしてるかも。
ビッグドリームにはさっさと行動させて、なかまをせっせと呼んでもらいましょう。
そういう意味からスタンとか撃ったらいけませんよ。
ビッグドリーム5
なかまを呼んだらさっさと殲滅。
宝珠入りのドラムクラッシュが一番効果的らしいですが、うちは宝珠いれてないので、普通に天下無双で倒していきます。
両方ともDまで呼び終わったら、命令を戻して(うちの場合どちらも、バッチリがんばれで)、ビッグドリームを倒しちゃいましょう。
王家宝箱
という感じで今回も最大数のゆめみの箱をGETできました。

まぁ全部封印の砂になっちゃいましたけどね。
王家の迷宮に行った後はこんなベルトが出ましたよって報告もしたいんですが、そこそこのベルトもまったくなくて残念です。
封印も28個まで進みました。今はちょっと倉庫がきついのでアップデート後に王家の迷宮した後にでも貯まってる天箱を一気に開けてみたいなぁ。


1日が王家だけで終わりました

魔炎のおおづちを買いました。
いつもながらのこうげき力+17のお買い得品です。
ハンマードレスアップ
ドレスアップしちゃってすっかり魔炎のおおづちって感じじゃなくなりましたけどね。
だって、あの赤いのあまり見た目がねぇ。
魔炎のハンマー
闇と炎の双属性のハンマーということで、属性耐性の多いピラミッドではあまり活躍できないようですが、王家ではこれいいですね。
これまで王家の迷宮へは、アポロン装備の戦士やまもの使い(なつき度200未満の仲間モンスターがいる場合)で来てましたが、これからはバトルマスターで来ることが多くなりそうです。
双属性ということで、アンルシアの攻撃による属性ダウンが効きやすく、ダメージもバッチリ入ります。
ビッグドリーム1
そんな感じで王家を周回していたら何度目かの輝き帝王。
もう慣れましたのでそうそうヘマはしません。

時間も600秒近く残してビッグドリームとの対決。
ビッグドリームの名前の色が赤くなったあたりでアンルシアとホイミンを「わたしにまかせて」に変えて、後はじっくりとなかまを呼ぶのを待ち構えてました。
残り300秒くらいで、ドラゴミミック・ドリームミミックのDまで呼ばれた後は、ずっとなかまを呼ぶ気配がなく、そのまま60秒切ったので、しかたなく倒しました。
ビッグドリーム宝箱
後から考えてみれば、たからばこの合計が8個ですから、これ以上呼ばれても何も落とさないからDまでってのが仕様なんでしょうね。


封印はまだまだかかりそうです。

↑このページのトップヘ