DQ10覚え書き

役に立たない情報だったり、攻略っぽいこと書いてあったり、くだらない日記だったり。
ドラゴンクエストXのことなら何でも書き散らかしてます。

タグ:錬金釜

さて、3.3後期はもうすぐですね。
いよいよ占い師が登場です。
踊り子の時は名声上げや100匹討伐しながらレベル上げしたんですが、占い師はさっさと上げてしまおうかなと思ってますよん♪
メタキンコイン
メタキンコインはたっぷりあります。
でもこれは仕上げ用にということで、序盤は
ペア招待券24
メインキャラ所有のメタル迷宮ペア招待券が24枚ありますのでこれでいけるところまでいこうかと。
サブアカのキャラは低レベルの職がたくさんありますので、サブアカにエンスラ帽かぶらせれば、占い師のほうにも有効なはず。
片手剣1
占い師は片手剣が装備できますので、
ギガスラ1
ギガスラッシュでメタル迷宮の敵も
ギガスラ2
簡単に一掃できるはず!
メインキャラのもってるメタル迷宮ペア招待券の他に、
錬金釜ペア招待券
サブアカの魚子がストーリーを進めて錬金釜GETできました。
大量に持ってるメタル迷宮招待券やメタルチケットをやっと役立てられますよ。
3.3後期が来るのは8月半ば頃だろうと勝手に予想してたので、ペア招待券の錬金が間に合わないのが大誤算ですけど。
まぁこれ以外にもサブアカ各キャラ少しずつメタル迷宮ペア招待券持ってますのでそれをまず消費ですね。

もう1人のサブの方もストーリーはじめたんですが、
ジャーミィ
まだ真メルサンディですので、3.3後期までに錬金釜までたどり着くのは難しそうです。

そういえば倉庫から
古文書
こんなものが見つかりました。
大した経験値にはならないと思いますけど、倉庫のジャマですので今回使っちゃおうと思ってます。


撮影用にまたおむつっこり虐殺してしまった

冒険者のおでかけ超便利ツールは牧場やふくびきにはよく使われてると思いますけど、他にもお役立ち機能がいっぱいです。
畑の水やりや日替わり討伐、職人依頼といったジェムを使ってのサービスも利用している人は多いかな?
ここではジェムなしでもできるお役立ち機能を紹介していきます。
ツール1
まずは、基本メニュー。
最初に見えるあたりはあまり使わない機能多いかな?
それでも郵便局は無課金のサブ持ってる人には便利ですね。
キッズタイムにしか使えないサブと受け渡しがいつでもできちゃいますから。
ツール2
ちょっと下に送って錬金釜。
錬金釜
これってジェム使って時間短縮するだけのものだと思ってませんか?
無課金でも普通に錬金はできます。
倉庫の中のアイテムも使えますし、操作も早いのでゲーム内で錬金釜使うより楽かも。
毎日ログイン出来ない人もツールから錬金釜使えばOKです。
ただ、へろへろ状態ですとゲーム内でしか使えないのがネックです。
そのうちへろへろ回復もジェムでできたりするかもね。
ツール3
もうちょっと下に送るとあるのがトップ10掲示板。
掲示板1
お知らせ掲示板にあるトップ10が見れるだけでなく、
掲示板2
おひねりも送れるのでふくびき券ももらえちゃいます。
毎週全キャラこれでふくびき券もらってます。
イチイチ掲示板のところまで行くのが面倒な人にオススメです。
ツール4
プレミアムコンシェルジュのほうに来て、モンスター牧場は機能満載で何度も紹介してきてるので省略させていただきます。

一番上の畑のお世話。
ジェムぶっぱするだけが、この機能じゃありません。
畑
収穫したり、タネを撒いたりするのはジェムなしでも可能です。
これを使えば無課金サブの家でもお花が育てられますよ。

他にもジェムを使う手前まででもいろいろと便利な機能があります。
バザー落札機能も相場確認に使えますし、装備などを買う時も錬金を2種指定して検索できますので、ツール片手に検索した内容で、ゲーム内で価格情報をもとにほしい装備品を見つけたりするのに便利です。
ふくびきの1日2回無料ってのもかかせませんね。


とっても便利です♪

れんきんがま
錬金釜の作成メニューにようせいの霊薬と牙王ゴースネル召喚符が追加されました。
牙王ゴースネル召喚符のほうは商材とは関係ないので、ようせいの霊薬は作ったほうがお得かどうか、計算してみましょう。
ようせい
ようせいの霊薬は6200Gくらいが現在の相場のようです。
必要な素材は、
まほうの小ビン×99
まほうのせいすい×5
けんじゃのせいすい×1
で、ようせいの霊薬が2個作成できます。
けんじゃのせいすい1個でようせいの霊薬が2個できるのでお得な気がしますが、ちょっと待って下さい。
小ビン
今、小ビンが高騰してきていて、42Gくらいまで上がってます。
一時期は10Gの店売り価格だったのに。
せいすい
まほうのせいすいもやや上がって380G前後。
けんじゃ
けんじゃのせいすいは4000Gくらいで安定してます。
ようせいの霊薬の材料費を現在の相場で計算してみると、
42G×99+380G×5+4000G=10058Gです。
売値は
6200G×2=12400Gですから、(手数料無視で)利益は2342Gとわずかです。

一方これまでの主要生産物だったけんじゃのせいすいの素材は
まほうのせいすい×3
ということで、同じく現在の相場では、
380×3=1140G
売値は
4000G×2=8000Gですから、(手数料無視で)利益は6860Gと安定して儲かります。

小ビンがたくさんあるから消費したい!って人もいるでしょうけど、今は小ビンは高騰してるので99個単位でバザーに並べればすぐに売れます。
ようせいの霊薬が必要だって人も、けんじゃのせいすいを作って売った利益で、ようせいの霊薬を買い求めた方がはるかにお得です。


こうした細かい利益の差の積み重ねが大事です

↑このページのトップヘ